2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.11.23 (Wed)

同じ?違う?

ネネが新入社員研修で何度も言われたのが
「自分を持つこと」
そして
「自分と異なる意見を受容すること」

大事なのは、アイデンティティ。
自分はどう考えるのか?
では、相手はどう考えているのか?
自分と異なる場合、
一度受け入れた上で
自分なりの考えをさらに見出す。

だから、
人と異なることがあっても
そんなに戸惑わない。
自分があるから。

でも、とはいえ、
自分と同じ考え、価値観のある人が
いると安心するのは事実。
あぁ、自分だけじゃなかった
と思えるから。

そんなことを書こうと思ったのには
理由があって。
今朝、ネネが常々思うことを
ある読み物の中で見つけた。
びっくりした。

ネネが見ている世界が狭いのかもしれない。
もっと同じ考えの人がいるのかもしれない。
でも、初めてだった。

過去に記事にしたこともある。
その時に拍手をしてくださった方は
もしかしたら同じ考えなのかもしれない。

それが、すごく、嬉しかった。

満たされない欲求なんだけど。

中2の時に書いてた妄想の中にあった
ある状況。
それが明治末期に書かれた小説と
似てる状況だった。
高校の文学史の授業で教わったのかな?
あの時の衝撃を今でも覚えてる。

こんな便覧にも載るような有名な人と
自分は同じことを考えていた。
それは、
文学史の中でも時代転換というか
ジャンルの始まりとされたらしいから
それなりに批判はあったんだろう。

でも、すごく、嬉しかった。

なんでだろう。
別に、自分の考えが誰かに
認められたわけではないのに。

でも、1人でもいい、
自分と同じことを思う人がいる
ってことが大きな力になるんだな、
自分は自分でいいんだな、
って思えるんだよね。


16年という月日は長いです。
ネネは記憶にありません。

でも、ネネなりに、精一杯応援します。

スポンサーサイト
09:15  |  ○拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |