2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.11.06 (Sun)

My dear, Shitao

今日はお台場シネマメディアージュで
【ICWR】を観てきました〜!!

ドリパス企画で、行く!と決めたから
なんとしてでも行きたくて。

10時半くらいに指定券に引き換え、
久々のフジテレビへ〜
V5、V4、V2全部見られた!
また行きたいね〜

拓友さまと合流して
ダイバーシティでお昼食べて…
再びシネマメディアージュへ!

ベンチで少し待っていたら、
拓友さまが!
…って思ったら同じベンチにも
拓友さまがいらした!((笑
ぼけーっとしてた((笑

スクリーンナンバー「9」
ハルの番号!!

階段を上がって
列に入ろうとしたら
拓友さまに「呼ばれてるよ!」と。
見ると、地元団体の拓友さまが!
拓友さまには「ネネ」だから
下の名前で呼ばれてびっくりした((笑

で、席について座ろうとしたら
2列後ろに別な拓友さま!
ネネの斜め後ろに合流した拓友さま、
その斜め後ろにその拓友さまたち、
その斜め後ろにベンチで会った拓友さまたち
という面白い状況で((笑


映画自体を観るのは
いつ以来だろうか?というレベルで、
なにせ、
初めて観た時に動けなくなった
というのがあったので怖かったのだけど、
少しは大人になれたみたい。

彫像家のシーンはきついから
薄目で見たりしながら、
でもやっぱり感じ方って、変わる!
15歳と23歳は違う!!

すっごい苦しいんだけど、
温かさとか愛とか強さとか感じられる。
でも対する
冷たさとか卑劣さとかが辛い。

でも、でも、
シタオ、あなたは世界一美しい。

リリとのシーンが好きです。
どのシーンも好きです。
皆に求められてるシーンも
リリがいるシーンが好きです。

でも1番美しいと思ったのは
生き返った森のシーン。
蛆虫さんが這う雨のシーン。
あれが1番美しい。

シタオって、死なないんだよね。
死ねないのかな…

どんなに苦しんでも
どんなに傷んでも
シタオは死なないんだよね。

きっと、シタオは
お父さんの元へ帰ったんだろうな。
ちゃんと顔を合わせられたのかな。

大きなスクリーンで観られて良かった。
やっぱり映画は映画館で観ないとね。


スポンサーサイト
20:14  |  ○映画の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |