2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.05.14 (Sun)

風炉とお太鼓

今日はお茶のお稽古♪

5月になったので、風炉開き!
早いね〜〜

濃茶と薄茶と1回ずつやって。
柄杓の扱いとか
あーーー久々!!
って思いつつ、
やると思い出せるのが嬉しい。

所々、怪しいところもあったけど、
身体に染み付いてるんだなぁ
と実感できるのが嬉しい。

お薄器は初めて使ったんだけど、
吹雪(ふぶき)。
扱いは中次と一緒なので、二引き。
蓋は茶碗と膝の間へ。

模様は、八つ橋の蒔絵。
菖蒲の花が咲いてるなかに
橋が架かってる。

あ、お薄の時の茶碗で藤があったから
ルンルンで選んでしまった♪♪

…っで、本日のメイン?!
お太鼓結びの練習〜!!

母親が、お太鼓結びなんて出来ない!
というから、先生にお願いした…

おばあちゃんの朱色の名古屋帯に、
黄緑の帯上げと帯紐。
枕は成人式の時にもらったやつ。

簡単!というわけではないけど、
すっっごく難しい!というわけでもなく。
ただ、一人でやるには厳しいUu

先生に手伝ってもらいながら、
(当日はお母さんに手伝ってもらってね、
と言われた)
なんとか、なんとか…3回やって、
なんとか出来るようになった。

最近、肩が動くように
トレーニングしといて良かった〜((笑

ほんと、身体が硬いと出来ないね。

無事にお着物を着られて、
帯も締められますように…!!

でもでも!
お着物着て出歩くなんて初めてだから
(成人式の式場から自宅までの徒歩は別物)
楽しみの方が断然大きいんだけど!!

はぁ!!


スポンサーサイト
17:35  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.09 (Sun)

飾り物

今日はお茶のお稽古♪

今年度はお点前だけでなく
お道具やお軸についても
知識を身につけていきましょう、と。

今日はまず、友達が茶入飾りを。
瀬戸の肩衝なんだけど、
いつも使っているものより大きく
それなのに軽い。
仕覆は、正倉院文様で、
紅牙瑞錦(こうげずいきん)。

次にやったネネは、茶碗飾り。
使った茶碗は、
利休七種(りきゅうしちしゅ)のうちの
臨済(りんざい)の写しで、
正楽(しょうらく)の作。
茶碗の挨拶の時に由緒も言う。

飾り物は、影点前の時に
茶杓を水指に帆立てに飾るのが可愛くて
個人的にとても好きで。

あとは、由緒あるものなので、
基本両手扱いにするのと、
お茶を練って出す前に
お客様の方へ回って一度茶杓を置き、
定座に古帛紗を広げてから
自分の膝前で茶碗を置いた状態で回して
古帛紗の上に乗せる。

上手く練られたので良かったぁ。


来月のお茶会のお茶券が届いたというし
お着物を着る練習しなきゃ!

楽しみー♪♪


17:56  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.19 (Sun)

2月なので

久々の更新です。
記録としては、ダメだな…

今日は、お茶のお稽古でした。

先月から今月にかけては
長板総飾りというお点前を
やっていたのだけど、
今日は、まずは2月恒例の筒茶碗。

1番気をつけるポイントは茶巾の扱い。

絞った状態で茶碗に入れて持ってきて
そのまま一度釜の蓋の上へ。
お湯を入れて茶筅を一回コツンしてから
茶巾を畳んで蓋の上へ。
茶碗を拭く時には
人差し指と中指で先に中を拭いてから。
茶碗を置いてから茶巾を抜いて
(↑ここを忘れそうになる)
手の上で畳み直す。

後は、
普通のお茶碗より点てにくいから
少し傾けたりしながら点てる。

2回目は運びで濃茶。

長板総飾りでは
いちいち回らなくてはならなくて
時間のかかるものだったけど、
平点前だとこんなにさらっとしたものかと。
それでも濃茶なんだけども。

今回は、初めて甲赤(こうあか)という
お薄器を使って。
五代不休斎お好みだということで、
古くからあるものなんだけど、
名前の通り、蓋=甲が赤塗りで、
扱いとしては平棗と同じように、
二引きで清める。

甲赤の形や色が可愛かった♪♪

今日のお菓子が金時芋のきんつばで!
面白かった!
美味しかった!!

また来月も精進します。



20:13  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.25 (Sun)

今日は見学

今日はお茶のお稽古♪

…が、昨日、駅の階段で突っかかり
左足を捻挫したため
正座ができない状態のネネ。

昨日の習い事はお休みにしてもらって
でも茶道はお客様として入り
お点前を見学することはできると思って。

行ったら後輩が茶箱の
卯の花点前をしていたのでお客様に。

そのあと、友達が茶箱の花点前を。
棗、茶碗、茶杓がお仕服に入っているので
一度全部のお道具をお盆に出してから
お点前を始めるもの。

紐の扱いとかお道具の置く場所とか
忘れているところも多かったので
2回お点前をする中で思い出して。
片とんぼ結びは
1回輪を作って紐を通して輪っかを作る。

お仕服の布地は伊予簾緞子。
いよすだれどんす。

そのあと、友達が炭点前を。
ネネはとことん見学。
羽の使い方とか環の使い方とか
ちょっとしたことなんだけど難しい。


来月は四ヶ伝の茶通箱をやるので
体調を整えなければ!!

18:21  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.11 (Sun)

炭と茶箱とお着物

明日のために、
明日を生きるために、
自分のために明日も働くので、
今日はもう寝ます。

でもその前に。

今日はお茶のお稽古だったので!

まずは炭点前から!
準備の段階で、
胴炭を置くのが難しい…
丸ぎっちょと割りぎっちょ、
そして点炭の上にバランスよく
乗せなければいけないから…

それから
高校の時から得意ではなかったけど
鐶付の扱いがおかしなことになり…
終わってから先生に教わった…
すぅっとうまく通ると格好良いのに…

そして9月になり涼しくなったので
久しぶりの茶箱!!
今日はまず卯の花点前から!
卯の花は高1の文化祭で披露したお点前!

細かいところで怪しい部分はあったけど
やってみると、そうそうってなった。

んだけど、
そこにお道具の拝見が入ると
また変わってきちゃって…
理論としては納得できるから
なるほど!と思いながらできるけど、
茶箱ってこんなに足が痺れたっけ?
ってレベルに達したUu

茶杓の銘はどうしても言いたくて
『白菊』にしたよ!
重陽の節句だもの!


でね!
今年もお茶会に行ってみる?
って話になって。

お茶会に行くということが
とてもお勉強になるから
行きたいです!って言ったんだけど、
社会人になってしまったから
もう学生のように、スーツに白靴下
では格好がつかない…って話になり…

やっぱりお着物が良いよね…
でも着られない…
って話が続き…

じゃあもし用意があるなら
今度一回着付けの日にしましょう!
って言ってくださって!

目指せ☆
冬のお茶会にお着物で参加☆
という感じになりました〜

祖母や母親のお着物があるけど
何があって何がないのか把握してないから
今度帰ったら確認してみよ〜

お着物で会いに行きたい〜〜

23:25  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.07 (Sun)

炭点前

今日はお茶のお稽古!
…が、暑い!

それこそたっくんが行った方面なのに
何これ!?ってくらい暑い!!

暑いので、あまり火を使いたくない
ということで、
今日は初めての炭点前をやった!

高1の時に、前の先生のお宅で
軽く見せてもらったのかもらってないのか
それすらも怪しいくらいなんだけど、
いつかはやれるようになりたい
と思ってたもの。

お稽古の時は電気風炉を使ってるので
本格的なそれは初めてで。

今日やったのは初炭点前。

始めに、点火された炭を
風炉に置いておいた状態から始める。
風炉に敷かれた灰にも
形や名前があるというのを知った!

さらに
炭1つ1つに名前があり、
形が決まっていて、
きちんと役割があり。
その役割に従って、風炉に並べていく。

最近は箸をきちんと持てない人が
増えてきているから、
きちんと並べることができるだけで
だいぶ良いらしい…
悲しい世の中だ…

ほんと、箸の持ち方は気になるよね。
ビストロ見てても気になる。
綺麗な女優さんでも
あぁ残念だな…って思っちゃうもん。

そんなわけで、
なんとかやることができたのだけど。

そして、今日は火を使わないということで
冷茶でお点前を。
友達は洗い茶巾。
ネネは葉蓋。

今年は蓮の葉でやったよ〜〜
葉月蓮介みたいだよね〜〜

建水に浮かぶ蓮の葉でできた舟が
涼しさを与えてくれました…
うまく点てられなかったけど…Uu
攪拌はできたんだけどな…

次回も夏のお点前をするみたいだから
何をしたいか考えとこ!!

23:16  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.18 (Mon)

松樹千年翠

『松壽千年翠』だったかも…

昨日のお茶のお稽古で話題になったもの。

ネネの出身校には
とっても信じられないものがあってね。
それは、先代家元のお軸。

その昔、お家元から頂いたものだと
当時聞かされていたのだけど、
そんなことってあるものなの?
って思ってた。

そしたら、先生が教えてくれた。
先生は高校の先輩なんだけどさ。

学校茶道の講習会があって
茶道の先生がだいたい出席するんだけど
その当時の顧問がすごく熱心な方で
同席したらしい。

っで、家元の話に感動して、
その感想を帰りの新幹線で書いたらしいの。
当時の部活の様子とか方針とか
詳しいことは分からないけど…

それが家元まで届いたらしくて、
お返しとして届いたのが
タイトルが書かれたお軸。
…びっくりだよ。

普通の都立高校の一教師からの手紙で
そんなことが起こるもんなんだなぁと。
たしかに、学校茶道に力を入れてた
っていうものあったらしいし、
ほんとタイミングが良かったというか…

とはいえ、
そんなすごいものを頂けるなんて…

常時、金庫に入ってたの。
で、文化祭の時だけ
金庫から茶室に持ってきて飾って。
変な話、保険もかけられてた。

すごい話だよ…


ちなみに、この『松樹千年翠』の意味。

松の変化のない翠の葉を称える意。

春夏秋冬で変化があるのが通常である
植物なのに、一年中葉をつけてる松。
変化のないように見えて
実は小さな変化を繰り返し、
春には若々しい新芽が出てくる。

大きな変化はわかりやすく
人目を惹くけれど、
そうではなく、
少しずつの変化を繰り返すことで
変わらない状態を保てる。


頂いたのが、25年位前だそう。

色んなことと重ねてしまった。

 
10:01  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.03 (Sun)

やらないとダメになる

今日はお茶のお稽古だった。
先週は土曜日の習い事の後の食事会で
体調を崩したので行けずUu
1か月ぶりのお稽古。

ということで、
確認と気持ちを落ち着かせることを兼ねて
平点前を1回やって。

今日は暑かったから
いつもと違う四畳半の取り方をしてて
久しぶりの周り茶道口の練習もできた。

それから今日のメインである
四ヶ伝の一つである和巾。
玄々斎が宮家でお点前をした時に
拝領したお着物から古帛紗を作り
それを披露するためにできたというもの。

四ヶ伝の中では
比較的難しいものではない印象。

ただ、なんせ久しぶりだったもんで
感覚がなくなるくらい足が痺れたUu
やっぱり続けてやることって
大切なんだと思う。

今は土曜日に行ってる習い事の先生が
今年2月に交通事故で足を怪我してね。
先月からようやくレッスンを
再開することができたんだけど、
前々回のレッスンの時に言ってた。

それをやるための筋肉っていうのがあるから
どんなにトレーニングしてたとしても
やっぱりやらないとダメなんだね、って。

それはネネ自身も本当に感じてて。
多い時は週5とかやってたのに
月2になって時には月1になって
久しぶりにやった後って
2日間くらいの筋肉痛になる。

年をとったなぁと思うし
普段の生活がいかにダラけたものなのか
ということを思い知らされる。

先生の話を聞いて思ったのは
きっと、サーフィンも
サーフィンをやらないとつかない筋肉
ってあるんだろうな…って。

パド筋…だっけ?
手で漕ぐ筋肉もそうだろうし、
ボードに立つ筋肉も
実際にやらないとダメなんだろうな…

なんか、足が痺れた話から
こんな話まできてしまった((苦笑

お茶でもそうだと思う。
お茶を点てる手の動きっていうのは
しばらくやってないとできなくなる。
それもすっごい実感する。
どの筋肉か分からないけど。

でも筋肉つけるなら
アスリート筋よりアーティスト筋だなぁ…

22:12  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.13 (Mon)

久しぶりの

昨日と一昨日と久しぶりの習い事。
おかげで脚が大変です((苦笑

茶道のお稽古に関しては
4月17日以来だったから約2ヶ月ぶり?
炉の季節も終わり、
風炉の季節になりました。

富士釜に唐金の風炉。
安南の水差し。
風神雷神の蒔絵の中棗。
そして、初登場の長板。
これも小習いの一つなのです。

久しぶりにやるとなると
とっても不安なのだけど…
やり始めると身体が覚えてる不思議さ!

水柄杓以外は大丈夫!←

就職祝いで先生に頂いた
新しい帛紗も使い始められたし!

濃茶は練るときのお湯の量が少なくて
練り始めで、硬い!って思った。
その違いが分かるようになってきたのも
進歩だと思う!

ほんと、硬い感じも、
練れて軽くなった感じも、
分かるようになったから。
ただ、お湯の加減が難しい!
だから、面白い!!

ただ本当に、
土曜日の習い事での少し筋肉痛からの
長時間の正座で…
今日1日はずっと腿の裏側が
引っ張られる感覚で…Uu
今もまだ痛いUu

明日はともかく、
明後日はヒール履こうとしてるから
なんとかして治さないと…


19:36  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.20 (Sun)

抹茶の味の違い

今日はお茶のお稽古納めでした♪

友達はお休みでネネ1人で。

お稽古は2週間ぶり。
四ヶ伝をやる…ってことで、
まずは唐物を。

そのあと盆点をやるつもり
だったんだけど、
唐物でちょっと微妙なところが
出てきてしまったので
2回とも唐物になった。

そして2回とも濃茶を練りました。
ちゃんと練りました。
2人分になるかならないかぐらいだけど。

これでもか!!
ってぐらいにすくい出しして、
(茶杓山盛り10杯)
練ってみたら、いい感じで!

濃茶って避けがちだけど、
とっても抹茶の甘みが出た!!
たぶん、お茶をやってなくて
「私抹茶好き〜」ってゆう人は
苦手だと思う甘み。

抹茶本来の甘みというか、
こんなに甘みがあるんだ!
ってゆう感じ?

美味しかった!!

で、2回目も練ってみようと
試みたんだけど、
最初の段階で重みが違うの。
全然違う!って思ってたんだけど、
頂いてみても全然違った!

今度は抹茶の苦味が出てきたの。
硬め?ってゆうらしいけど、
さっきと全く同じ抹茶を使ってるのに
全然違う味になっちゃうの。

ほんの少しの抹茶の量の違いと
お湯の量と温度と…で
ここまで違っちゃうんだ〜って感じ。

いや〜難しい!!
でも面白い!!

こーゆー僅かな違いが楽しいんだよね!

どうやったら
美味しく頂戴していただけるか
ってゆうのを研究するの。

2回目のように硬いと
お茶も落ちてこないし飲めないし。
啜っても飲めないんだよ。

そして、もったいないから
お湯を入れて振って
濃いめの薄茶にして頂いた。
今日だけでカテキン摂取量
半端ないと思う!((笑

来月の予定はまだ分からないけど
来年も精進したいと思います。



22:40  |  ○お茶  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT