2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.25 (Tue)

Session 012

昨日UOMOさんが届いてたー!!

Sessionも1年かぁ!
連載が始まるって分かった時も
001を手にした時も
こんなに嬉しいことがあるか
って思ったな…

連載の始まりを知れるんだから
全部揃えようって思ったんだよ。

Session 012 夜

2009年11月
ニューヨークでの夜の出来事

2009年12月18日のワッツでも
話してた内容だ〜〜
って思って読んでたら、
最後の一段落。

聞いたことのない話だった。

ジョシュに置いてけぼりにされてから
確かにホテルにどうやって帰ったんだろ?
って思ってたけど、、まさかでした。

よかった、無事にホテルに帰れて。


ビジュアルは最上さん仕様。

トップは長めで
サイドや襟足は短い。

ぐぐぐっと、
良い意味でのおじさん感が出てる。

やばい…
かっこいい…


夜。
数年前の今日。

あの夜の出来事は、一生忘れられない。

たっくんのことを
もっともっと好きになった夜でした。

ありがとう。

スポンサーサイト
20:53  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.08 (Thu)

海へ行こうよ

まだまだ興奮してるネネです!

NALUって良いなぁ!!

写真集ってSMAPとかたっくんのしか
持ってないんだけど、
写真集的な感じで楽しめる!!

海に入って…
っていう感覚はないけど、
海を見てると心が洗われる。
無になれるんだよね。

特に、九十九里の海は
波が途切れないから
波の音がずーーーっとあって、
それがまた落ち着く。
最後に行ったのは7年も前なのに
あの景色と音が残ってる。

もちろん、雑誌は雑誌なので
動きも音もないけれど、
今回は特に湘南と千葉という
日本の海ってのもあって、
ハワイとはまた違った高揚感があって。

私、海が好きなんだな…

海がしょっぱくなかったら
もっと好きになってると思う…←

…ってことで、
今年こそ海へ行こうよ!!
っていう話で。

両親それぞれに訴えてきた←

いや、
他に連れてってくれる人がいれば
全然良いんだけどさ〜((笑
そんな人いないからさ〜

首都高からレインボー渡って
湾岸線を抜けて行く感じが好きです。
早朝のね。
でも千葉に入ってしばらくしたら
寝てしまうのだけど。
波乗り道路も気持ちが良いし♪

いつだか、おはスマでたっくんが
海へ行く道の話をしてたのね。
その感じが一緒で嬉しかったなぁ!

たっくんのファンになる前に
九十九里を好きになったけど、
たっくんのファンになって
もっと好きになったんだよ!!

なかなか行けないけど、
また行きたい!
って強く思うようになったんだよ!!

そんなことを考えながら
今日もNALUを見てました…

連載やってくれて、ありがとう。

21:27  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.07 (Wed)

The Surfing Discovery

異常な興奮状態です!!
やばいです!!

帰宅したら届いてた!
NALU

第3回のお相手は、
カメラマン・横山泰介さん。

対談で、
ホノルアベイに一緒に行った
っていうのを読んだところから
異常な興奮状態になってしまって!

1999年5月号のFine。
マウイでのサーフトリップ。
ホノルアベイで波に乗った。

あの時に一緒に行ってた横山さん…

しかも!
その時に撮った写真まで!!
ありがとうございます!!

まさか、まさか、見られるなんて…

中学、高校時代にネットサーフィンを
してる中で色々知っていって、
たっくんがマウイへ行ったっていうのを
どこかで見かけて、
すっごいなんか憧れて…
親に頼み込んで実現したマウイ旅行。

拓友さまにお願いして、
あの時のFineと2001年のメンノンを
頂いて、携えて、行った。

帰国の前日に、ホノルアベイへ行った。
波打ち際で遊んで、
石の上にタオル敷いて寝転んで、
気持ちの良いところだった。

たっくんと横山さんは
20年来の関係だけど、
ネネの中でこの10年間の色んな想いが
思い出されて、変な興奮で…!!

母娘LINEが動いてるのは分かってたけど
無視してたら、寝たことにされた((笑
ごめんなさい、、((笑

あと!
2008年モダスマ発売前のラジオで
会ってみたい人っていう質問で
答えてた、ジョエル・チューダーさんが
たっくんより年下だってことを
初めて知った!!

ロングボードの絶対的な方なのね!

なんか、色んな意味で興奮してるので
今夜も早々と眠れそうです!!←


21:36  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.09 (Sun)

嬉しい!悲鳴!

お茶の帰りに本屋さんに行ったよ〜

テレビ誌コーナー行ったら
TVガイドPERSONあったから
まず手に取って、
次に映画誌コーナー行ったら
たっくんいっぱい居て〜〜

一つずつ手に取って
パラパラ観てみたんだけど
結局全部買ってしまった〜〜

4冊で3800円だよ!?
ふえぇ〜〜〜〜
↑嬉しい悲鳴

全てが良すぎて…
選べなかった…

いや…うん、
そんなに本屋さんに行ってないし
見てない雑誌たくさんあるから
このくらい買っても…
とか思ってるけど、
ちゃんと管理しないとダメよね…

でもたっくん全部好きだったもん…

全部ヘアメイク金ちゃんだったし!
そう!全部!!
ありがとうございます〜!!
感謝しかないです〜!!

あと衣装もやばすぎて〜〜
全部鎖骨見えてる〜〜!!
全部見えてないところも、また!
透視能力を鍛えられます!!←

チラッと見える鎖骨も好きです!!
でも!
フルで見える鎖骨も大好きです!!

インタビューもそれぞれ
簡単にしか読んでないから
これからじっくり読んでいきます!

ただ、ネタバレをどこまで読むのか…
ネタバレ基本アリなんだけど、
【むげにん】は最低限にしておきたい…
とか思い始めて…

早くインタビューをきちんと読みたいから
ジャパンプレミア行かせてください!!←


22:37  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.06 (Thu)

シブい。カッコイい。

お昼休みにスマホを見たら
留守電が入ってて!
LOADEDが入荷したと!

帰りに寄ってきたよ〜!!
ついでに映画誌コーナーを見たら
キネ旬Nextがあったから
一緒に買ってきたよ〜!!
振り返ったらSPAがあったから
立ち読みしてきたよ〜!!

SPAはね、
ちょっとほんとに、
本屋さんなんだけど涙が出そうになって
やばかった!!

あーゆー雑誌を買う勇気はないから
ととちゃんにお願いした←
ぜひ、おじさま方にも
読んでいただきたいインタビュー。

…というか、
全国民に読んでいただきたい。
ほんと、、


おじさまといえば、
LOADEDはまさに!ですな。

たっくんが、というより
ネネも年をとったんだな…
と思ってしまった。

木村拓哉が好きだと言うと
渋いね、と返された頃を思い出した…

いや、もう、渋いです。
かっこいいです。
大好きです。

ずーーーーっと見てられる。


キネ旬は、一万字インタが
あまりにネタバレがやばそうなので
途中でやめちゃった。

映画を観たらきちんと読もうかな。

てか
一万字インタっていうから
たっくんの言葉で一万字かと思ったら
解説みたいなのが結構な幅をとってて
あれ?と拍子抜けしたネネです。


はぁぁぁぁぁ
LOADEDがとにかくやばい。

加工されてるからなんだけど、
あと10〜15年くらいで
たっくんはこんな感じの
白髪混じりのおじさんになるのかなー
って思うとゾクゾクする。

それでも尚、ネネは、
その少し見えてる鎖骨に
指を這わせたいと思うんだろうな。


大好き。


22:54  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.08 (Wed)

The Surfing Discovery

午前中に発送メールが着てたから
もしかしてもしかしたら
今日届いてるかも?とか思ってたら
本当に届いてたー!!

NALU

The Surfing Discovery
連載2回目

お相手は、20年来の仲だという
市東重明さん

鮮やかなニューボードを添えて。

歳の近い市東さんとのsession。
肩書きも背負うものも異なる2人だけど
ものの見え方は似てるんだなぁ。

スタイルの話なんかが特にそう。
面白いなぁ。

ほんとにね、
ネネなんかが見ることができるなんて
幸せっていうか
申し訳ないというか
ありがとうって感じです。

P153の表情がたまらんです。

連載以外のページもね、
書いてあることは分かんないけど、
写真集としてとっても好きです。

絵も写真も基本的に自然が好きだから。


ネネの中で、九十九里=片貝なので、
むしろ片貝以外の九十九里を知らない
というか((笑

小3?小4?小5?の時が
記憶のある初めての九十九里なんだけど、
曇ってたし空は低くて
波もそれなりにあって、
遊泳区域なんて超狭くて
遊んでる人なんてネネ達しかいなくて、
周りはサーファーみたいな感じで。

それがとっても楽しくて、
親にまた行きたい!って言ってて、
そしたら
そこがたっくんにとって大切な場所だった。

それを知ったのがいつだったか忘れたけど
なんかね、とっても嬉しかったんだ。

九十九里とあとハワイもね。


私を九十九里に連れてってー!!


21:43  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.07 (Tue)

真っ直ぐ

帰りに25ansとWithを買ってきたー!!

25ansはマスカラも付いてて
ラッキー☆と思ったらブラウンで
まつ毛がなくなる説←

お花に囲まれたたっくん。
それも華やかなお花ではなく、
オトナな色のお花たちで。
たっくんの格好良さと
重厚感が感じられる。

ちゃんと歳をとってるよ…

はぁぁぁぁぁ
かっこいい。

Withはお悩み相談!
てか
Withも25ansも
ネネ世代が読む雑誌なんだね。
初めて見た…

特別な言葉を使う訳じゃなく
難しいことを言う訳でもなく
でも、目から鱗というか
グサグサ刺さってくる言葉たち。

ワッツを聴いてる身としては
分かる回答だけど、
改めて読んでもグサグサ刺さる。
うぅ。

ほんと、たっくんの言うことって
真っ直ぐだなと思います。

ってヵ
どっちのヘアメイクも金田さんだ!
Withは金田さんと黒澤さんの名前が
逆になっちゃってるけど…

今回、買ったことない雑誌買いすぎ!
嬉しい!!


21:00  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.24 (Tue)

大切な言葉

日々、勉強。

日々、日々、勉強。

今日は、早めに上がれたから
雑誌3冊買ってきた。

SODA
テレビナビ
月刊テレビガイド

とりあえず、
SODAのインタビューを読んで。

「やるからには全力で」

その言葉がでかいね。

いつも思うんだけど、
たっくんの発する言葉はでかい。

中学の卒業文集にも書いたけど、
「色んなことを経験している人」
だと思うたっくんから発する言葉は
やっぱり、重さが違うし、
単に好きな人っていう以上に
人生の先輩としてヤバイっす。

ほんと、たっくんファンで良かった。

たぶん、たっくんファンじゃなかったら
【アライフ】を見て泣くことも
なかったんだろうなとも思う。

日々、勉強。

やるからには、全力で。

必死に楽しんで。

これがネネのモットーだから。
たっくんが10年前に教えてくれた
大切な言葉。



21:46  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.07 (Sat)

あたたかい

昨日買ってきたanan!!

42回目の表紙!!

初めて表紙を飾った1995年から
毎年必ず表紙に登場してきたのに
2016年はそれが途絶えた年でした。
ひたすら待っておりました。

表紙
「さみぃ〜」とでも言ってるような。
とっても暖かいSHOT
撃ち抜かれる

P53
暖かい日差しに包まれてる。
ごめん、待たせて…
と言いたくなる。
ロングコートも革のグローブも
今の短髪に合う。

P54
3枚とも、寂しげな表情で。
何を思っていたんだろう。

P55
エロ脱ぎーー!!!
って言いたいところだけど
コートの下にもまだ服があった((笑
眩しそうーー!
…ねぇ、靴下履いてる?

P56
衣替え!
やっぱ短髪に合う服ってあるね!
んーー電車で会いたい。
パンツが祐真さんの私物ってのが気になる。

P57
ストレート…というか、
たっくんは比喩を用いて話すけど、
言ってることはストレートで。
凄くそれが響く。
今回はノーコンタクトでハンドリング
されたから苦しみがでかいけど、
きっと、ネネはこの人を信じて良かった
と思える日々になるんだと思える。
だてに、人生の半分以上
たっくんを信じて生きてません。

P58
んんんんん
またまた暖かそうな茶色に白ボア!
こーゆーのネネも欲しい。
ハリランにもあったけど高かった…

P59
表紙と同じダッフルコート
左下のは最後に撮ったお遊びかな?
ダッフルかPコート欲しくなる…

P60
たっくんと睨めっこしたいーー
絶対勝てないけど!!!



後ろの方にいた裕翔。
風の丘ホームの草間周平が大人になったよ。


21:34  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.22 (Thu)

信じてる

今日は帰りに見た目のメンテナンスに
行くつもりだったんだけど
バタバタしているうちに残業になり
諦めざるを得なかったので、
中身のメンテナンスのために
【SMAP25YEARS】と
TVガイドアルファを買ってきた。

ようやく買えた…

帰ってまずしたのは
【ちょも】を聴くこと。

当時の記憶が曖昧なんだけど、
LIVEで1回しか聴いてないはずなのに
当時の教科書に落書きしてた。
何度も((笑

てか!
あの写真たち何?!

単なるジャケ写たちじゃないね?
アー写もあるね?
会報の写真もある?
ネネの大好きな2004年秋〜冬の
たっくんがいて大興奮!!!

あれ、ずーーーーーーーっと
眺めていられる。幸せ。


そして、ガイドアルファ。

表紙なんか、等身大?
ってレベルでなかなか耐えられない…
ほっぺの筋肉緩みっぱ((笑

髪を切って、
若返った?!って思ったけど
これ見てたら、
ちゃんと年取ってるんだなぁ
って思えた。

ほんと、いい感じに、年取ってるよね。

インタビューのね、
小見出しというかプロローグというか
あの文章だけでも震えた。

「特別」が「特別」ではなく
「日常」だって話が出てたけど、
後半のたっくん自身の話が
まさにそうだなって。

ネネなんかが普通に考えると
すごく特別な感じに思えることも
たっくんは日常としてやってる。

なんだろ、
たっくんも職人だと思うんだよね。
技術云々というよりも考え方が。

良い意味で拘りを持つ。
それこそ、Belief。

確信犯にはならないと思うけど、
自分という「個」を持ってる人だな
って思うんだよね。
あ、スタッフさんも気になるけど((笑


SMAP特集も紙質が良くて嬉しい。


ポポロは明日だね。

21:55  |  ○雑誌・記事の拓哉クン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT