2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.06.13 (Tue)

10年くらい前の話

先日、
中坊時代の話って聞いたことない
って言われたから、
あれ?そうだっけ?
とか思いつつ、
あ、でも、詳しい話って
そんなに書いてなかったかも…
って思ったので、書いてみる。

普通に書こうとすると
感情がぐちゃぐちゃになるので、
事実だけを並べてみる。

なろうと思えばなるけど、
別に、御涙頂戴の悲劇のヒロインに
なろうとなんて思ってない。
でも、あの頃、
神様は何でこんな運命を与えたのだろう?
とは何度となく考えてた。


入りたい部活がなかったネネに
吹奏楽部に入るか私立受験をするか
という意味不明な選択をさせた親。

半強制的に入部した中1の4月。
無事に希望のSAX PARTへ。

3年生は、ALTO2人とBARITONE1人
2年生は、TENOR1人
そして1年は、ALTOのネネ1人

夏のコンクールが終わると
3年生は引退し、2年生と2人になった。

3年生の進路が決まり始めて、
定演のために戻り始めた頃、
1年の学年末テスト直前の部活中に
2年の先輩から、
3月で部活を辞めると宣言された。

迎えた中2の4月。
SAX PARTはネネ1人になった。

5月、1年の男の子がALTOに
後から入部した同級生がBARITONEに。

7月、同級生がPETからTENORになって、
後輩が説明なく部活を辞めた。

夏のコンクールは2年3人で臨んだ。
初めての金賞を獲った翌日、
ネネは部長になった。

秋、PARTの2人が不登校になった。
部内は空中分解して、
顧問から活動停止が言い渡された。

この頃、学年での不登校は約10人。
吹部所属は4人。
理由は様々だったけど。

部長になっても
週1休みは変えなかった。
習い事の時間になれば早退してた。
どちらを100%にすることはできなくて
気持ち的にはどっちも100%だけど
結果的にはどっちも100%に届いて
なかったんだと思う。

コンクールの2日前も、
定演の前日も、
習い事のために抜けたこと、
色々言われたのは事実。

3月で、顧問が異動になった。
4月の離任式で顧問宛に読んだ手紙で
色んな先生に心配されたのも事実。

新顧問が講師と旧知の間柄だった。

5月、2・3年で24人しかいない部に
32人の1年生が入部。
ALTOに2人、BARITONEに1人、
途中入部の2年生がTENORに。
でも、BARITONEの子が間も無く退部。

コンクール直前にALTOの1人が
BARITONEになって、
コンクールで金賞取れて、
翌日、ネネは部長から降りた。

PETだった1年生がBARITONEになって
気づけばSAX PARTは
3年3人、2年1人、1年3人になってた。

最後の定演はこの7人で。
最初で最後だった。


…これが、多少端折りながらの事実。

3月の引退式の時の挨拶で
これをもっと端折った感じのことを
話したのは覚えてる。

共感してもらいたい訳ではない。
慰めてもらいたい訳でもない。
ただ、自分自身が環境の変化に
ついていけなくて、
受け入れるまでに時間がかかって、
よくわかんなくなってた。

ここまで動きのあるPARTは
あの3年間で他になかったから。

理想は理想でしかない。
来る者を拒まず、去る者を追わない。

中坊時代に染み込んだ考え二つ。
そう思ってないとやってけなかったから。

貴重な貴重な経験をしたよ。
元々平和主義で、保守的なネネを
さらに加速させたもん。

ほんと、不思議な3年間だった。


スポンサーサイト
22:07  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.30 (Tue)

重い想い

すみません、
今日もまだまだ引きずってます…

だめだね、
好きな相手に会ってしまうと
ひたすら好きになるもんね。

重い。
イタイ。

自分でも思う((笑

ちょーーーー好きです。


去年の夏ぶりだったわけよ。

好きだと自覚してから3回目で。
その夏のは遠かったから
そんなじゃなかったんだけどさ。

今回はもう、目の前なわけで。
聴くとか感じるとかじゃなくて、
浴びるとか包まれるとか
そのくらい近いわけで。

3列目を選んだのは、
2列目だと近すぎて
泣いた時にバレてしまうと思ったから。

案の定、泣いてたけどUu

もう、、、

でも、目の前だったからこそ
気づいたことがあって。

吹かずに、ボタンを押した時に出る
ポコポコした音?パコパコって音?
あれが好きだったことを思い出した!
あれよく自分でやってたわ〜

MC中とか、聴こえてくるわけよ!
その度に、ふおおおおおってなって!

地味すぎて伝わらないかもだけど、
ボタンフェチなネネとしては
パコパコ押してるのも楽しかったし
あの音も絶妙だったんだよね!

あーーほんと
ネネどんだけSAXのことが好きなんだろ?


終わってから、
プレイヤーさんとお話しできて、
プレイヤーさんとバンマスさんと
その場で買ったアルバムに
サインまでしていただけて!

余韻に浸れば浸るだけ泣けてくるけど
ひたすら余韻に浸ってる…

好きです。

異常愛です。


19:23  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.28 (Sun)

好き。

ハァァァァァ


ハァァァァァァァァ


はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


ため息しか出てこないよ…


死ぬほどかっこよかった。

ほんとかっこよかった。

全部全部、持ってくもんね。

控えるとかできないよね。
目立ちたがり屋だもんね。

そこが、好きなんだけど。
大好きなんだけど。

途中でも泣いてたんだけど、
終わって1人になってからの方が
溢れてくるものが多くて。

やばいわ、こわいわ、


5月の締めがんばれる。

ありがとうございました。
23:44  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.13 (Sun)

たっくんを近くに

引越し早々実家に帰ったネネです。

前回も引越した翌日に外泊したから
たいして変わらない←

っで、
クローゼットに置いてある物を出して…

まずは、吹部時代の楽譜。
4年前にいくつか楽譜をアップしたけど
その時もアップしなかったやつ。

2008年8月6日に書いたんだけど、
中3のコンクールで吹いた曲。

ALTOとフルートのそれぞれのソロで
送る騎士と王妃の不倫の曲。
もちろんSAXなので騎士で
男性役なんだけど。

講師に「特定の人に向かって吹け」
って言われてて、
でも当時好きな人がいなくて。

誰に向かって吹きたいんだろう?
って考えた時に浮かんだのが
たっくんだったんだよね。

それで、楽譜の裏に細工した。
20160313105517454.jpeg

当時はここにお引越ししたばかりで
写真のアップの仕方も分からなくて
必死に文字で表したんだけどUu

ちょうどこの裏が、その曲で。
楽譜の方には「艶やか」
って書いてあるんだけどね。

不倫は不倫なんだけど、
すごく素敵なメロディで、
すごく気持ちの良い音楽だったから、
この想いを届けるならたっくん
って思ったんだよね。

ALTOは男性役だったけど((爆

出来の悪い部長でさ、
2金を取って次年に繋げなきゃいけない
プレッシャーに押し潰されそうな時に
こーゆー遊びじゃないけど、
細工というか1人で楽しんでたなぁ。

結果、金賞取れたし、
ほんとに周りに助けられて
部長を1年間務められたし、
でももうあの日々は過ごしたくない((爆

でも、本当に、
毎日が充実した日々だったなぁ。

…って、
他にもマッピとかリガチャーとか
リード、メトロノーム、スワブ
全部出てきて、ちとノスタルジーな
気分になっているネネでした。

でもこれらは実家に置いておこう。
普通の家で吹いたら
近所迷惑以外なんでもないわ。

11:05  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.12 (Tue)

好き。

↓の記事で、元に戻れない
って書いたけど、
SAXへの堕ち方が普通の(人間への)恋と
同じ堕ち方をしてしまった。

ほんとに、これ、厄介なの。

ネネが恋に落ちるのと同じ形だから。


ネネが初めてSAXを意識したのは
いつだったかなんて記憶にないぐらいで。
でも、中学に入ったら
吹奏楽部に入ることが
半強制的に決まっていたから、
やるならかっこいいやつをやりたくて。

っで、こないだ話したたっくんのエピもあり…
でも
なんだったかな?
ディズニーメドレーか何かで
テナーの先輩(女)がやったソロが
めちゃくちゃ良くて、SAXが第一になった。

そのときは、ほんとにかっこいい!!
って感じで、一目ぼれ?みたいな。
ネネ、一目ぼれでは好きにならないから。
一目ぼれで好きになるのは
アイドルだけだから。
しかも、LIKE。

やってると、やっぱり愛着沸くし、
どんどん好きになるし、
だから
2006年ポプスマの【君がいる】で
テナーが超かっこいいsoloがあって
それをDVDで見たときにやんばかったの!!
これ生で聴きたかったなあ~
ってSAXをやってる者として思ってた。

2008年モダスマのバンド紹介で
たっくんが『サ~~ックス!!!』って
叫んだときとかそれだけで元気になったぐらい
好きな人が好きなものを発するってことが
いかに素晴らしいかってことを実感したのね。

っで、過去記事のとおり、
2009年3月に部活を引退して、
SAXも辞めたわけなんだけど。

ど!

高校に入ってからも
友達の演奏会とか行くとね、
SAXの音を聴いては泣きそうになったことが
何度かあったの。

それは、はじめは曲のせいだと思ってた。
思い入れのある曲だとか、
知っている曲だとか…

っで、SAXの生音なんて
SMAPとかのLIVEでしか聴いてないし、
最近はあんまりフィーチャーされることもないし…
近くで音を感じるなんてことが
一切なかったのね。

だから、お友達からお誘いを受けた時に
ほんと二つ返事で行きたい!!って言ってて。
空間としても初めてだったから
すんごく緊張してたの。

でも…

演奏が始まって10秒も経たないうちに
ぶわあーーーーーってこみ上げるものがあって。

体の中から熱くなって、
なんだろ。
好きだった人に久しぶりに再会した感じ?
ネネはこの時を待っていたんだ…
って思っちゃったんだよね。

感情が溢れてきちゃって、
視界は涙で歪むし、
体は熱いまま震えてるし、
支えてないとちゃんと座ってられないし。

でもね、それでも、
単に生音に感動してるだけじゃないか?
って考える余裕もあって。

だけど、体が反応するのがSAXだけなの。
ペットやトロンボーンの音には反応しないの。

それがリアルすぎて、
1stステージが終わって、どうだった?って聞かれて、
これ、やばいです。としか言えなくて。

あ、ネネって、SAXが好きなんだ。
ってはっきりと自覚した。
恋に落ちた瞬間だった。

だから、もう、2ndステージとかやばいの。
好きって自覚したまま聴くから
好きって感情しかなくて。

何度も言ってるけど、
好きって思ったらそのまま前進しかないので、
止まることを知らないのね。

っで、極め付けが
アルトとテナーがメインの曲。
アルトが女性パート、テナーが男性パート。
もう、訳分かんないんだよ。
好きな相手が愛の歌を奏でてるの。
ほんの数メートル前で。

すべてを包み込んでくれた・・・

あの、誤解ないように言っとくけど、
ミュージシャンに恋をしたわけではなく、
SAXに恋をしたのです。

あ、でも。
そのすべてを包み込んでくれるSAXを
奏でる指の動きとか、
口元とか、表情とか、
見ちゃうと結構やばいもんで…

だから、よく分かんないんだけど、
SAXを取り巻くすべてが好きです!!

本当にずるい!!

なんであんなにかっこいいの?
なんであんなにセクシーなの?
なんであんなにやさいしいの?
なのにあんなに激しいから・・・

SAXは無生物だって何度も言い聞かせて。

叶わぬ恋だとしても
せめて人間、せめて生き物に恋をしよう
って何度も自分に言い聞かせて。

でも、今朝目覚めても醒めなくて。

むしろどんどん好きになるわけで。

もう、よく分からないの。
自分でも分からないから
人に相談するとかそうゆう域の話じゃない。

完全に、人を好きになる展開と同じ道を通ってて。
だからすんごく厄介で。

簡単に好きになってないから
簡単に嫌いになれない。
今の状況的に、SAXを嫌いになる
って一生ありえない。

まさか、自分がこんなになるなんて
開演前は微塵にも思ってなかったから
もうすぐ1日経つけど、
まだ信じられないんだよね。

今でも思い出すと体が熱くなる。


だからほんと、
今まで、たっくんにやってもらいたい!!
って言ってたけど、撤回する。

たっくんがSAXやってしまったら
好きな人が好きなものをやってるってことだから
ネネの中で収拾つかなくなってしまう。
おそらく、体が耐えられなくなる。


もう、元には戻れないけど、
どうしたらいいのかも分からない…

またすぐに生で会いたくなる…

生の気持ち良さを知ったらもうダメだね…

はぁ。

 
15:18  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.12 (Tue)

昨日から今日

えっと…

昨日からの出来事をまとめると、
ってゆーか
まとめられないんだけど、
事実として言えるのは、
ネネは、SAXに恋をした
ということです。

自分でもよく分からなくて、
でも大好きすぎてですね…


昨日からTwitter上でも荒れておりまして、
ちょっとお目汚しになってるので、
こちらにとりあえずまとめておきます。


7:23
寝ても覚めても好き。
ということはこういうことなのかと。
だめだってわかっているんだけど。
なんでいつも好きになっちゃいけないのに
好きになっちゃうの?

7:57
生を体感するとだめなんだと思う。
しかもあの近さで…

8:02
最後のコンクールで吹いた
あの不倫ソング(←)を間近で聞きたいと心から願う。

↑つづき10:52
ネネが昔吹いたのも男性パートなの。
アルトとフルートの掛け合いで。
ペットとの掛け合いで女性パートも
吹いたこともあるけどやっぱり男性的。
特にテナーはそうだし。

8:08
なんで両思いになれないの?
なんで人間じゃないの?

8:37
トキメキってゆうか、
内から溢れてしまった感じたから
これもまた嫌いにならない、
嫌いになれないやつだと思う…

9:07
やばいのわかってるけど戻れない

10:06
すごく変なことを言ってしまうと、
ネネの周りの男性がネネの前で
SAXを吹いてくれたら
ソッコーで好きになる状態。いま。
ほんと、卒論提出終わってて良かった。

10:08
だから、今までたっくんにSAX吹いてほしい!
って言ってたけど、
たっくんに吹かれたら死んじゃうから、
それは望まないことにした。

10:56
アルトもテナーも、
バリトンの下から響いてくるのもやばいし、
思い出せば思い出すだけ危険な領域に入ってく。


自分でもよく分からないんだよ。

よく分からなくて、
でも大好きすぎて、
今日午前中めっちゃ泣いてた。

こんな、無生物に恋することあります?

過去イチの、叶わぬ恋の相手すぎて
どうしようもないんだけど、
それは分かってるんだけど、
好きになってしまった今、
元には戻れなくなってる…

たぶん、いや絶対って言っていいぐらい
理解してもらえないと思う。

あのー…
ミュージシャンに恋をした訳じゃないの。
もしそうだとしたら
こんなところで言わない((笑

あーもうーどうしよー…


  
14:24  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.11 (Mon)

恋した。

やばい。

ねぇ、やばいって。

胸が高鳴った。

心が震えた。

全身が火照った。

無理。

好きすぎて。

いや、でも、無生物だって。

何度も自分に言い聞かせた。

SAXは無生物だ。

せめて生き物に恋をしようと。

だめ。

好きすぎて何度も泣いた。

どうしたらいいの。


21:13  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.26 (Thu)

第10回

今日は、母校である中学の
吹奏楽部の10回目の定期演奏会。

元々予定があったから行けないんだけどさ。
もう、10回になるんだって。

我が姉が卒業する年に初めてやって、
その時は3年なんて元部長だった
姉しか出てなかったんだけど、
翌年からほぼみんな出るようになって、
ネネの代は全員が出るようになった。

そう、ネネが部長やってた時が3回。
卒業の時が4回だったね。
未だにあの時の風景を覚えてるよ。

定演はほんっと苦しかったから((爆

2011年に初めて市民会館でやろう!
ってなってたんだけど
震災でダメになっちゃって、
実現したのが2012年。

同期でいい列一列とって座って感動したっけね。

ほんと、そっか、10回かぁ…
って感じなのよ。

あの第01回を見に行って、
(半分、無理矢理連れてかれて)
吹部に入るって決めたのよ。
ほんと、半強制的だったからさ。

盛り上がるからって理由で
中1?中2の時に色んな発表の場で
やってた【エル・クンバンチェロ】が
中学恒例の曲になってるみたいで。

当時から、アンコールが多かったんだけど、
今ではアンコールにOBOGも一緒に
やるのが恒例になってる。

ネネは出たことないけど((爆

今日もね、もう異動になってるんだけど
3年の時の顧問が指揮を振るらしくて、
よかったら是非。ってお誘い頂いてたの。

同期や先輩後輩にも知らせてもらったりして。
でもネネは行けないのよ…
観たかったわ~

ほんと、うちらの頃とは
バンドのレベルも部活としてのレベルも
格段に違ってると思うのよ。

当時の記事を読んでもらえれば
わかると思うんだけど、
(あ、でも、そんな書いてないかも)
最悪なところまでいったからさ。
コンクールギリギリまで問題起こしてたし。


もう、始まってると思うんだ。

だから、東京の東からパワーを送っておきます。

第10回定期演奏会、おめでとう♪♪
  
17:24  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.09 (Fri)

おめでとう!!


バイトが終わったら
お母さんからメエルが届いてた。

中学の、
卒業した中学の吹奏楽部が
金賞獲れたって。


ちょっと前に
そう言えばいつなんだろう??
って思って調べて、
でも結果を見てなかったの。

良かったね。

おめでとう!!!

嬉しくって、涙出てきちゃって・・・


ネネが入部して、
その時は人数も少なかったし、
技量もまだまだだったし、
B組で銀賞で。

中02の時に初めてB組で金賞獲れて。
あの時ミンナで泣いた。

中03のコンクールは
ネネの人生の中で一番輝いた瞬間かも。
一番苦しくて、一番辛くて、
一番充実した一年の
締めくくりの最高の舞台だったから。

ネネは"来年につなげる"ってゆう
役割を担ってて、
大きなことは成し遂げてないけど、
最高に嬉しかった金賞だった。

高01の時にCANADAで深夜に
3金のお知らせをもらったんだよ。
興奮して眠れなかった。

それで
高02の時に人数も技量も高まってきて
初めてA組に出たんだよ。
初めて普門館に入ったな。

そこから03年間、
高02、高03、大01って
A組に挑戦して銀賞で。

最近は演奏聴きに行けてなくて
全然分からないけど、
昔とは音が違う。

人数って問題もそりゃあるだろうけど、
質が変わったな・・って感じてた。
楽器もどんどん増えていくし、
おっきくなっていくな・・って思ってた。

A組挑戦04年目。
初めての、金賞☆

本当に、おめでとうございます。

おめでとう、っていうか、
ありがとう、って言いたいな。

本当に、ありがとうございます。


なんか、この記事書きながら
また泣いちゃってる自分がいる((爆


久々に中学行こうかな。
顧問に逢えるか分かんないけど。
 
17:01  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.15 (Fri)

先輩

なんて、色んな人がいる。

同級生だって、色んな人がいる。

かんしゃくの激しい人。
常に穏やかな人。
いつも味方してくれる人。
絶対反論してくる人。

色んな人がいる。

辛いよ。
嫌だよ。
できれば何にもなく過ごしたいよ。

でも、紆余曲折したからこそ、
今のネネがいるンだと思う。

先生に嫌われたら終わり。
そんな世界もあるしね。
常に目配せだけは忘れない。


たっくんぢゃないけど、
まだ20にもなってない子どもだけど、
なんか、中坊時代を思い出して
その頃の自分に語りかけたくなる。

あれだけ泣いた日々。
なんで自分が泣かなきゃいけないのか
全然分からなかった日々。

中01のこの時期は
クラスが嫌すぎたから
部活が楽しかったなあー

でも01週間後ぐらいに
ネネの人生を変えた出来事があったし。
理想って、叶わないんだ…
ってまぢで思ったよね。

相談できる先輩?
そんな人いなかったかも。
だから合奏中に泣いてたし、
どうしようもなくなった瞬間
ってゆうのは何度もあったし。

苦しいときほど苦しいって書きたくない。
そんなの負けだって勝手に思ってた。
自分に負けたくなかった。

だからかな?
腹痛がネネの持病になったの。((笑

今はないよ。
全然痛くならない。
それだけ平凡な人生を送ってるのかも((笑

どっちが良いのかなんて分かんない。

あと20年経って、
今のたっくんぐらいになったら
少しは分かるようになるのかな…??




…それにしても、
たいぴー、それはキツいよねー!!!!!

そんな文面で尊敬してる人から
メエルが返ってきたら
もう、どうすれば良いのか分かんなくて
とりあえず謝るしかないよね。
どうすれば良いですか??
って聞くしかないよね。

たとえ、それが冗談だったとしても、
絶対、そんなこと考えられないよ。
もう、終わりかもしれない………
もう、ダメかもしれない………
って本気で考えるよね。

あぁー絶対辛い。


23:50  |  ○SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT